SEO対策の意味!

SEO対策をしないとホームページは見られない

SEOはサーチエンジンの最適化を意味する言葉で、SEO対策をしていないとサーチエンジンで検索した時に表示されない可能性があります。運良く表示されたとしても、誰も見ないような下の順位になっていることがほとんどです。実際SEO対策をしていないと、新規で作ったホームページを見てもらえる機会はほとんどありません。何かを探している人はキーワードで検索して、欲しい情報を得ようとします。その方法として検索エンジンを使うのですが、検索エンジンはサイトに対して点数のようなものを付けて順位を決定しているのです。この順位の決定に影響するのがSEO対策です。いいサイトだと検索エンジンに判断されるようにSEO対策をしておけば、検索結果の順位が上がり、見てもらえる可能性は高くなります。

SEO対策を簡単でもいいのでやってみる

SEO対策というと仰々しそうですが、やってみると簡単なこともあります。簡単にできる範囲にあるのが内的SEOです。内的SEOはホームページの内容を変えることで、サーチエンジンの評価を上げようとするものです。具体的にどのように内的SEOをするかというと、まず文字数を増やすことでしょう。サーチエンジンは内容が多いものをいいホームページと判断しやすいです。そのため文字数が少ないものは悪いと判断する傾向にあります。ホームページに画像やイラストを用いることも大事ですが、文字数を意識的に増やすことも重要です。他にはキーワードをホームページ全体に散りばめるということも大事です。検索してほしいキーワードをできる限りホームページに入れることで、検索順位が上がる可能性があります。ただ不自然にならないように気を付けることが大切です。不自然だと順位が下がることがあるでしょう。